Pekology Blog ~ウイニングイレブン攻略&サッカー動画~

ウイニングイレブンの”対人戦”を独自の視点で攻略します!☆★サッカー動画もいっぱい☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウイイレ9の空中戦!

ウイニングイレブン10のプレイ情報は→コチラから


今作ウイイレ9空中戦が鍵になるはずだ!

まず、単純にセンタリングに合いやすくなってるし、
CKもべらぼうに決まりやすい!!
(CKでは絶対ニアのスペースを開けない事)

というかディフェンス陣の動きが馬鹿になっていて、
×ボタン連打ではポジショニングが悪く、うまくクリアをしてくれなくなった。

それと、ゴール前以外でもそうだが
前作ではヘッドで競り合うようなボールを胸や足で対処することが増えた

例えば、
ロングボールをディフェンスラインにほおりこまれたとき、
前作なら×ボタン連打でヘディングクリアが安易にできた。
しかし今作では×ボタン連打でも、場合によってはインサイドキックで落としたり、
胸で落としたりする。

つまり空中戦でのポジショニングが非常に重要になったということだ!

だから(×ボタン連打でのオートヘディングが弱くなったってことで)
R2やスーパーキャンセルを使った
マニュアルヘディングを練習せざるをえなくなったわけだ。

今感じる、とりあえず気を付けることは
R2で動かすときに、しっかり相手の横から回りこまないと
ブロックされたり、ファールを取られたりするってこと。
(ファールは特にPA内のオフェンスファール)
ただこれは上手く使いこなせれば、相手選手を押して
マイボールにできる。

あと、今は上手くできませんが、R2で動かすより、
スーパーキャンセルの方が確実にマニュアル化できるので
そっちを練習中です。
(でもかぶったりして難しい!)

僕はもともと空中戦をそれほど重視してこなかったので
今作は大変だと思う!

ウイイレがより三次元になったという事か…。

サッカー動画
クライフターン☆★…★★★★
ヨハンクライフの必殺ドリブル!!
よく、シュートの久保さんがやってました!
キックフェイントの一種ですね☆

簡単っちゃ~簡単ですが、
タイミングとキレ!それにあの柔らかさがないと無理です!
スポンサーサイト


  1. 2005/08/14(日) 20:03:37|
  2. 空中戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

空中戦(それ以外)

空中戦を3つに分けます。

①センタリングを上げた時………(攻撃時)
②センタリングを上げられた時………(守備時)
③ゴールキックなどのロングボール………(それ以外)

今日は最後の、普通のロングボールの事です。

③ゴールキックなどのロングボール

ゴールキックなどのロングボールに対しての基本は、
×ボタン連打と、方向キーです。

少し上手くなるとR2を押しながら、敵の前に出たりします。
これは敵が×ボタン連打の場合は有効ですが、
敵もR2で前にでてくると2人ともかぶったりなんかしちゃうことなんかもあります。
だから、スタムとかコラーとかは×ボタン連打だけでいいでしょう。

問題は背の低い選手で、そのときは色々な駆け引きをしかけるべきです。
例えばサビオラみたいなちっちゃくてすばやい選手なら、
R2で敵の前に1度出て、その後にかぶるのを見越して裏に抜けてみるだとか、
スーパーキャンセルを使って、敵がヘッドで落としそうなパスコースを切ったりして
ファーストディフェンダーになってみるのがいい。
つまり競り合いに負けることがわかってるなら、そのように対応しようということ。

だからロングボールを蹴ったらレーダーを見るとともに、
競り合う2人の選手の名前をチェックして、
身長やボディバランスなんかを考慮したうえで行動するといいです。

(空中戦はたまに、何か”流れ”のようなものに左右されてる気がするのは
僕だけだろうか?)

サッカー動画
ルーニーのボレー!!…★★★
こいつはホントうまい!!
マンUファンなんで毎試合見るが、間違いなく歴史に残るね!!


  1. 2005/07/30(土) 23:33:50|
  2. 空中戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空中戦(守備時)

空中戦を3つに分けます。

①センタリングを上げた時………(攻撃時)
②センタリングを上げられた時………(守備時)
③ゴールキックなどのロングボール………(それ以外)

この前①の話したんで、今日は守備の話をします。

②センタリングを上げられた時

基本的にセンタリングを上げられたら、後は運の要素が一番強いと思ってます。
つまり上げられてからは、どんな上手い人でも点は取られるわけです。

ボタン操作に関しては下手に自分で操作するよりは、×ボタン連打でいいと思います。
(これに関しては僕自身が空中戦が苦手のもあると思います)
そのときにお勧めなのが、「L1と×ボタンを連打」!!!!

これをするとどうなるか想像できるでしょうか?

L1ボタンは選手の切り替え(カーソルチェンジ)です。
×ボタンはこの場合、クリアです。

つまり複数の選手がセンタリングのボールに反応し、競り合ってくれるわけです。
これで空中戦の勝率は増し、例え、敵FWに競り負けても
複数で体を寄せてることにより、精度は落ちることになります。

このときに注意しとくのは
周りの状況を見てヘディングシュートされるより、
複数の選手で競り合うことによってできたスペースに、
ヘッドで落とされることの方が怖い場合は、L1連打をしないほうがいいということです。
(この辺は□ボタンプレスに似てるかな)

しかしこういう局面はほとんど皆無に近いです。
僕の経験上、L1連打をしたことで失点したのは数えるられるくらいです。

何故なら、ヘディングの落とし自体の精度も悪くなるし、
例え、そこそこ綺麗に落とされても、
その後の、対応次第で決定的チャンスを作らせないことが安易にできる局面が多いからです。

これに関して知っておきたいことは、
アーリークロスやパススピードの速いセンタリングには、
このL1連打によるメリットは得られにくいということです。
だから、このことだけを考えても、
センタリングを上げさせるのは、できるだけ遅らしたほうがいいことになります。

サッカー動画
★スーパーテクニック集★…★★★★★
(見れない方はココココから)
必見!!
やっぱりサッカーはこうでなくちゃ!


  1. 2005/07/28(木) 22:09:04|
  2. 空中戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空中戦(攻撃時)

空中戦を3つに分けます。

①センタリングを上げた時………(攻撃時)
②センタリングを上げられた時………(守備時)
③ゴールキックなどのロングボール………(それ以外)

今日は攻撃の話をします。

①センタリングを上げた時

センタリングを上げたら、まず距離を確認です。
ウイイレでは距離のあるヘディングは”絶対”決まりません。
だからマイナス気味に上がったりして、ゴールから遠い時はシュートを諦め、
味方に落とすか、トラップを考えましょう。

そしてゴールを狙えそうな距離で
FWが待機状態なら、R2で敵DFの前に出て、
タイミングよく□ボタンを1回押し。

FWがセンタリングの予想ヒットポイントより、かなりマイナスの位置にいる場合、
早めに□をおしっぱにしても問題ないと思います。
(走りこんでくれるような感じになる)

センタリングへの反応は、
特殊能力の「ストライカー」を持ってるか否かで、全然違ってくるみたいなので、
FWの配置に自分なりに制限がないなら、
ロングパス制度の高い選手とは逆サイドに、ストライカーを持ってる選手を
配置するほうがいいと思います。
(例えばベッカムを右SHに配置させるなら、オーウェンは左FWにするってこと)

昔はヘディングシュートは□おしっぱでも問題ありませんでした。
でも段々と難しくなって、9ではさらに難しくなりそうです。

ポイントは、
タイミングよく□ボタンを押すことと、ポジショニングです。
一番重要なのは勿論ポジショニングです。
(ボールに届く位置にいないと意味が無い!)

ポジショニングは慣れないうちは、敵CBを目安にするといいです。
敵CBは大概が、×ボタンor□ボタンを連打してるので
オートで落下地点までいくからです。

センタリングからのヘディングは毎作操作感が変わってくるので,
注意してください。

ってか僕自身サイド攻撃が得意ではありませんので
誰か得意な人は教えて!!

サッカー動画
アガホワのヘッド!…★★★
2002年のゴールです。
うーん!!ナイジェリア人ッぽい☆



  1. 2005/07/26(火) 23:48:24|
  2. 空中戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。