Pekology Blog ~ウイニングイレブン攻略&サッカー動画~

ウイニングイレブンの”対人戦”を独自の視点で攻略します!☆★サッカー動画もいっぱい☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴールキーパーの飛び出し

対人戦ではCPU戦より早いタイミングでGKが出されます。
だがそれでもまだまだ遅い人が多いです。

GKを思いもよらないタイミングで出されたときにうまく対処するのは困難です。
GKを抜くのもロングシュートもこのゲームは難しいからです。

現実より確実にヘタクソだと思います。
特に無人のゴールへのシュートはもう少し簡単にして欲しいです。

僕がGKを出す時は主に以下の5つです。

スルーパスに対して
ロングスルーやロング浮きスルーに対して
FWの独走に対して
オフトラとの併用
センタリングに対して

スルーパスに対して
 多くの人はスルーパスが通ってからGKを出すか出さないかの判断をします。
 スルーパスが出されるタイミングはわかることが多いです。
 守備陣形が崩れ敵FWがフリーになればスルーパスが出されるとわかります。
 そのとき、プレスに行きながらGKも出します。

 やばくなってから出すのではなく、
 やばくなりそう!?で出すのです

 このタイミングで出すとシュートを打たれる確率がガクンと落ちます。

ロングスルーやロング浮きスルーに対して
 カウンターなどでディフェンスラインの裏に大きなスペースがあると、
 レーダーを確認する相手ならロング(浮き)スルーを出してきます。
 このとき相手がレーダーを見るタイミングで自分もレーダーを見ます
 敵FWと味方CBが重なった瞬間に相手はロングスルーを出してくるでしょう。
 なら自分もそのタイミングでGKを出すのです。

 もしそれより早いタイミングで出してくるのがわかればそのときに出してもいいです。

FWの独走に対して
 レーダーを見ない人相手ならできるだけ早く出しましょう。

 気をつけることがあります。

 敵FWはディフェンス陣に追いつかれないようにダッシュドリブルをしてる筈です。
 相手のワンダッシュが終わった時、その時の敵FWとGKの間合いが重要です。

 まだまだ距離があるなら敵FWはさらにダッシュを続け、
 距離がある程度縮まれば、歩いてシュート体勢に入るはずです。
 GKはこの間合いを絶妙に測りもうワンダッシュさせるのです
 そしてシュートを打たせない。
 独走されたら△ボタンを押したり離したりして、
 シュート体勢に入らせないように間合いを調節しましょう。

 レーダーを見てくる相手だったら、
 レーダーを見そうな瞬間にGKをチョンと出してロングループを誘うのもありです。
 (→言葉のフェイントとの併用も面白い)

オフトラとの併用
 作戦でオフトラ使う人は、作戦実行と同時にGKも出すのがお勧めです。
 オフサイドにならなかったときの大きな保険になります。

センタリングに対して
 ゴールラインぎりぎりのセンタリングはそのままラインを割ったり、
 GKの守備範囲に飛んでくることが多いので、センタリングがあがった瞬間に△ボタンです。

 コーナーキックは最初から△ボタン押しっぱなしで、
 触れそうにないと判断したら離しましょう。


<まとめ>
上記はGKをいかに早いタイミングで出すかということを重視しましたが、
相手がこちらのGK出しを読んできたら、
出さなかったり違うタイミングで出したり、の駆け引きをしてください。

要はシュートを打たせないこと、打たせても相手のタイミングで打たせないことです。

ディフェンスの全てにおいて、反応(リアクション)で対応するのではなく
こちらから仕掛ける(アクション)のがWEでは重要だと思います。

GK出しはどうしても危険なアクションディフェンスになりますが、
敵FWのスピードや相手の癖、味方CBのカバーリング状況などを確認して、
それに対応したGK出しをすればリスクは最小限に抑えられる筈です。

僕は、今自分が使ってる選手(カーソル付きの選手)だけとリンクするのではなく、
11人全ての思考とリンクするべきだと考えます。

スルーパスを通され、やばくなってからGKとリンクすると出すのも遅くなります。
常にGKの視点でいることでどういうタイミングで出せばいいかわかるはずです。
WEが進化して「11人対11人」でされるような選手の動きを目指してます


サッカー動画
スーパープレイ特集…★★★★★

(サッカー動画のご要望は→攻略掲示板の要望受付スレまで)


スポンサーサイト


  1. 2006/02/26(日) 16:22:30|
  2. ディフェンス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:18

先読みディフェンス

トラップやドリブルでの切り替えしのタイミングや方向を読むこと

これはやりこんでる人にほど通用します。
オンラインの猛者達はCPUとやりまくった人が多いです。
そういう人にはトラップや切り替えしに癖があります
絶対あります。

例えばポストプレイヤーにボールが入ったとき。
大抵の人はもう一人のFWの方向か、
サイドにオーバーラップしてきたSHの方向にトラップします。
つまり横方向(厳密には斜め後ろが多い)にトラップします。
そのまま前を向く人はまずいません。(前にスペースがある場合は別)
もう一人のFWかSHか?これも大概わかります。
両方がフリーというのはまず無いからです。
トラップ方向が絞れたら、あとは後ろから少し回りこむようにしてかっさらうのです
そのまま前を向かれたら?と思われるでしょうが、
これも反応で何とかなる場合が多いです。
1回「前向かれてもいいやっ」て気持ちで1試合やってみてください。
これはポスト以外でも何処でも同じことがいえます。

ドリブル方向や切り替えしのタイミングも同じです。
先に読んだ方向にアクションを起こすのです。
全く先読みしない人は相手がアクションを起こしてから反応するので、
完全に反応リアクション)です。

そしてこの先読みにも「段階」があります。
読みが裏切られたときに出来るだけ危険を犯さないアクションをとると、
読みが当たってもボールを取れる可能性は低いが、
その危険を犯すと綺麗にボールが取れます。

危険を犯さない先よみ安全アクション
危険を犯す先よみ危険アクション
と定義すると…

例えば、
サイドの深い位置で相手が縦にダッシュドリブルで突破してるときに、
味方の選手が中を切りながら並走してる場合。
この場合相手のワンダッシュが終わる瞬間に駆け引きがあります
完璧にリアクションディフェンスの人は、
相手が中に切り込んできたり後ろに切り替えしてきたらピンチです。
これに相手が切り返してくるのを読んで、
自分も切り替しすのが危険アクションです。
安全アクションは”その一瞬だけ歩く”です。
その後にリアクションです。
もし自分が負けてるなら危険を犯すのもいいと思います。

これは皆さんなされてますが、これを全ての場面でするのです。

ここで重要なのが2人や複数人で囲んだときは、
危険アクションを危険でなくすことができる
ということです。
(囲んでたらほぼノーリスクでスライディングができる)

つまり、
「リアクション」と「安全アクション」と「危険アクション」を場面によって使い分け、
囲むことによって危険アクションの回数を増やすんです

(ノーリスクのスライディングを増やす)

これは実は8LEの時に書いたものなんです。
基本的な考え方はこれでいいのですが、
前作よりは、ディフェンスの一度止まってからの動き出しが鈍くなったため、
反応で何とかできる局面が減り、先読みは危険になりました。
危険アクションは減り、リアクションは増えたはずです。
だから今読むと少し違うなぁ、と思います。

しかし、囲むことで危険アクションを増やすというのは、
変わってないですし、対人戦において先読みはとても重要で、
その駆け引きが楽しいのは僕だけではないでしょうw

サッカー動画
スタニッチのドライブシュート!!…★★★
一昔前のクロアチアのスタニッチとヤルニはウイイレで強かったです。
そういやウイイレでも足が早いだけで使える時代は終わりましたね。
昔は足が速いだけで超重宝しましたw




  1. 2005/10/04(火) 15:29:43|
  2. ディフェンス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

ウイイレのプレスの基本

「ウイニングイレブン」というゲーム全般のプレスの基本を解説しよう!

カーソルのついた選手………………A
□ボタンでプレスをする選手…………B
敵ボールホルダー……………………Z

とする。

役割分担の基本は
Aでカバーリングやパスコースを切りながら、Bでプレスに行く
となる

位置関係でいうと、
AがBの後ろ(自陣側)となる
つまりAが「右SH」なら、Bは「右CF」、
Aが「CB」なら、Bは「DH」の可能性が高い。

勿論、カーソルチェンジを頻繁に行うので、
常にこの通りではないが、
Aについては、常にZより自陣側にいるのが普通だ。

よく□ボタンプレスはやりすぎるとよくないというが、
それはZより自陣側にBがいるときで、
BがZより敵陣側にいるときは、
プレスに行くデメリットは、ほとんどないと言える

(守備のことだけを考えた場合)

というかそれが一つの基本パターンだ。

例えば、Zがボランチだった場合。
AはOH、BはCFとなる局面だが、
その時、BでZを背後からプレスをかけ
Aはパスコースを切りながら、徐々にZに詰めていく、となる。

つまり、Aがカバーリングをしなくてもよい局面なら
Zより敵陣側のBに、常に□ボタンプレスをかけさせるのが有効なのだ
(カウンターしにくくなるというデメリットもある)

もう一つの基本パターンとして
BがZより自陣側にいて、Aをカバーリングに向かわせてるときの注意点。

Bを□ボタンでプレスさせるのはいいだが、
Zとの間合いがある程度つまったら、
AからBにカーソルをあわせその場に止め、Zに飛び込まないようにしましょう


カーソルチェンジについて。
カーソルチェンジは上手い人ほど「カチカチ、カチカチ」やっています
(これほんと)
この重要性は↓
WE必勝ガイドさんの攻略にわかりやすくまとめてあるので、
勝手に紹介させてもらいますw
(またPekology Blogでも解説しようと思います)

今作9になってプレスの掛け方の感覚が変わりました。
これについても、また近いうちに記事にしようと思いますが、
それまでに基本としてこれを理解していただきたかったんです。

本当は図を用いたり、動画を載せられれば1番いいんですが
僕の力量不足でそれができません。
だから、わかりにくいと思います。
(自分で読んでみてもそうなんでw)

ってことで質問があれば気軽にど~ぞ~☆

サッカー動画
ロナウド特集!!…★★★★★★
(ページのDownloadをクリック→パソコンに落としてから見れます)
必見!!
まさに怪物ですね!ごりごりきますw
やっぱりこの頃が全盛期だったのだろうか?



  1. 2005/08/24(水) 17:55:52|
  2. ディフェンス
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6

ウイイレ9の1対1のディフェンス!

今までこのブログでウイイレ9での選手の敏捷性の悪さを色々述べてきたが、
それを1番感じるのがディフェンスではないだろうか!?

そのため、8LE以前では機能した鬼プレスが難しくなったし、
”1対1の基本”がまず変わった!!

8LE以前のウイイレでは”どの間合いで止まるか”が非常に大事で、
それさえ上手ければ、止まってからの動き出しが機敏なため、反応でなんとでもなった。
たとえかわされてもすぐ追いつけるし、後ろからもプレスも有効だった。

9では、止まってから動きだすのに時間がかかるので
自分が止まった瞬間に相手にダッシュを入れられれば、簡単にかわされる。
しかも、一度抜かれれば簡単に追いつけないし、
後ろからのプレスも体を入れられればすぐファールになる!


”1対1の対応”を3つに分けると、

①飛び込んでボールを取りにいく
②一定の間合いで止まって相手のドリブルに反応する
③間合いを保ちつつ、少しづつ下がる(ディレイする)

と、ウイイレではこんな感じに分けられる。(だいたいね)

前作では②さえ上手ければよかった。
③なんて②が上手ければ、ほとんど必要が無かったとさえ言える。

しかし、9では③のディレイが大事!!

少しづつ下がりながら、□ボタンプレスをうまく使い、相手のミスを待つ。
これだ!!
下手な相手だと、ディフェンスはこれを意識するだけで簡単に抑えられる。
猛者が相手なら何処で仕掛けるか!?だが、
それでもディレイが基本となるだろう。

今作は囲むのが難しくなった!
必然的にに1対1の局面も増える。
だからディレイを上手く使いこなした人がディフェンスマスターになれるはずだ!!

サッカー動画
珍ゴールベスト5!!…★★★
パチンコみたいw
それにしてもゴールの大きさってよくできてるよな~!!



  1. 2005/08/19(金) 22:02:49|
  2. ディフェンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

サイドでのカーソルチェンジ!

昨日の続きです。

①1人がボールホルダーに対して、
内を切りながら相手が縦に突破してきたら体をいれられるようなポジションを取る。
この選手をAとする。

②そして、もう1人が相手が後ろに切り替えしてきたときに対応できるようなポジションをとる。
この選手をBとする。

③相手の様子を見ながら、2人で間合いを詰めていく。

基本は2人で囲みに行くのだが1つ注意が必要だ!
それは、選手Aは選手Bが戻ってくるのを待って、決して1人で飛び込まない事!!

カーソルチェンジについて。
カーソルは選手Aに合わせ、相手との間合いを保ちディレイする。
このとき選手Bを□ボタンでプレスさせる。


2人で間合いを詰めていけば
敵のボールホルダーは何らかのアクションを起こすだろう。
普通は後ろへの切り返しだ!

切り返されたら、
今度は選手Bにカーソルを合わせ、中央へのパスコースを切り、
選手Aは□ボタンプレスで、敵ボールホルダーを後ろからプレスする。


これはサイドでの駆け引きなんで、絶対これがいいとは言えないが
僕のディフェンスの基本になってます。

今作は切り返された後のセンタリングなんかも
結構合ったりするので、このディフェンスはお勧め☆

サッカー動画
オコチャのFK!…★★★
オコチャは、ホントの意味でのキック力はさほどないと思う。
だけどボールの芯をとらえるのはほんとに上手く、
ミドルはかなり強烈!!!
それにしてもあそこから狙うかぁ☆


  1. 2005/08/10(水) 18:15:48|
  2. ディフェンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。