Pekology Blog ~ウイニングイレブン攻略&サッカー動画~

ウイニングイレブンの”対人戦”を独自の視点で攻略します!☆★サッカー動画もいっぱい☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

攻撃意識について(後編)

前編を理解してもらったところで、注意してほしいことですがあります!

それは、
攻撃意識を付ける事によってフォメのバランスを崩していないか?
ということです。

基本的にフォーメーションは選手を「等間隔」に設定してる人がほとんどです。
選手達の距離を等しくしてるのは、パスを繋がりやすくしたり、
スペースの問題であったりということですよね?

そういう風にせっかくポジションエディットでバランスをとったのに、
攻撃意識を付けて「移動範囲」をいじる事で、
バランスを崩してる人が多いように思うんです


1回、全員の攻撃意識を取り外して試合をしてみてください。
もしかしたら、見違えるほどバランスが良い攻撃ができるかもしれません。

特にOHなど、2列目の選手の攻撃意識を敵陣方向に付けるのは、
相手の最終ラインに吸収されやすく、付けない方が良い場合が多いと思います。

このように攻撃意識を付けることによるデメリットを考えるべきです
ボランチに敵陣方向に付けると、攻め上がりを期待できるでしょうが、
ディフェンスは不安定になるといった具合にです。

そして、まだまだ考えることがあります。
例えば、パラメーターの「攻撃性」!

SBは攻撃意識を敵陣方向に向ければ上がって来やすいですが、
この攻め上がりに関しては「攻撃性」が大きく関係してきます。
この数値が99の選手なら、攻撃意識を自陣方向に向けていてもなんのその!
ガンガン上がってきます!

SBだけじゃなく他のポジションでも理屈は同じです。

結論として…
”選手の動き”は、作戦、攻守レベル、ポジション、特殊能力、攻撃性などなど、
様々なことが関係してくるため、
攻撃意識は、それら全てを考慮して付けるべきです


ロベカルなら攻撃性が高いしとか、
ランパードは「飛び出し」持ってるしだとか、
攻守レベルを上げるから、とかいった風に、
フォーメーションが一緒でも、選手や戦い方が違えば
攻撃意識は変えるべきだろうし、
そういう風に考えることが出来て、初めて攻撃意識を使いこなせてると言えるでしょう。

サッカー動画
スーパースター5人のプレー特集!…★★★★
イブラヒモビッチ、C・ロナウド、ルーニー、
アドリアーノ、テベス!!!!!
という若者5人のプレー集です(おそらく全員24歳以下)
画質が悪いのがちと難点…。


スポンサーサイト


  1. 2005/11/26(土) 20:01:50|
  2. フォーメーション
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:11

攻撃意識について(前編)

攻撃意識について…

攻撃意識を付けることによっての効果ですが
(A)攻撃時、ボールホルダー以外の選手がその方向に動く
(B)攻撃時、その方向へのボール(パスなど)に対しての反応が良くなる

の2つが考えられます。

(A)についてですが、
どうやら攻撃意識は「攻撃時の移動範囲の設定」という要素を持っているようです。

   ┏━━┳━┳━━━━━┳━┳━━┓
   ┃□□┃□┃□□□□□┃□┃□□┃
   ┃□□┃□┗━━━━━┛□┃□□┃
   ┃□□┃↑□□□□□⑪□□┃□□┃
   ┃□□┗⑨━━━━━━━━┛□□┃
   ┃□□□↓□□□□□□□□□□□┃
   ┃□□□□□□□□□□□□□□□┃
   
例えば上記のように⑨と⑪に攻撃意識を設定したとします。
そうすると、
⑨の移動範囲を形で表すと、(定位置を中心に)縦長の円に、
何も攻撃意識を設定しない⑪の移動範囲はまんまるの円に近くなります。

勿論、段々と自由度が高くなりつつあるウイイレなので
FWはサイドに開いたり、DHもゴール前に飛び出したりということもあるということで、
(選手はスペースが開いてる方向に動こうとするように設定されている)
いびつな円となります。

(B)についてですが、

   ┏━━┳━┳━━━━━┳━┳━━┓
   ┃□□┃□┃□□□□□┃□┃□□┃
   ┃□□┃□┗━━━━↑┛□┃□□┃
   ┃□□┃□□□□□□⑪□□┃□□┃
   ┃□□┗⑨━━━━━━━━┛□□┃
   ┃□□□↓□□□□□□□□□□□┃
   ┃□□□□□□□□□□□□□□□┃
   
このように設定したとき、
⑨はくさびのパスに、
⑪は裏へのスルーパスへの反応が良くなるか?


結論から言うと、なるはずです

というのも、
これは選手がどっちの方向を向いてるか?
どの方向に移動中か?というのが重要だと思うからです。

⑨は(A)のことから、
自陣方向に動きやすくなっているので、
自陣方向を向いてること、移動していることが多いです。

その選手にくさびのパスを出したときは反応しやすいはずですし、
裏へのスルーパスを出した時は、
方向転換などの時間がかかり反応が悪いのは当然といえるのではないでしょうか。

以上のことから、
ポストプレイヤーには自陣方向に、
裏に抜けて欲しい選手には敵陣方向に攻撃意識を付けてる人が多いのはよくわかります。

(以上のことを踏まえ、
  フォメやポジションを考えての考察を後編でいたします)

サッカー動画
ロベルト・カルロス伝説のFK!!!…★★★★★★
手っ取り早く見たい人はこちら…★★★★★

フランス戦の歴史の残るスーパーフリーキックです!!
はっきり言って人間の蹴れるボールだとは思えません。
あの速さで、あの曲がり方!!
そういや、ロベカルは35M以内なら決める自信があると言ってました。
まさにモンスターレフティー!!!

(サッカー動画のご要望は→攻略掲示板の要望受付スレまで)



  1. 2005/11/19(土) 23:55:13|
  2. フォーメーション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ウイイレ9の守備意識

守備意識について。

「8LE」までの僕の考えは、
ボールホルダーが自分を中心に半径何メートル以内に入ってきたら、
ボールに勝手(オート)に反応して寄っていく

の半径の広さだと思ってました。

守備意識を低いに設定すると、
ボールホルダーがすぐ横を通っても無反応になります。
高いに設定すると勝手にボールホルダーについていきやすくなります。
高いほどその半径は広く、逆は狭いという感じです。

ということなんで、
CBに定位置にいて欲しかった僕はよくCBの守備意識を「低」にしてました。

で、本題の「9」の話をすると、
どうやら守備意識の定義が変わったようなんです。

感じた事を上げていくと、
守備意識を「高」に設定するとこうなります。

ボールホルダーが自分より自陣側にいる時に自陣側に戻ろうとしやすい
・カバーリングに戻りやすい(つるべの動きをしやすい)
・パスカットを狙ってる
・自分のゾーンにボールホルダーが入って来た時のマーキングが早い。
 (自分のポジションに戻るのが早いということで、その後ボールに果敢に寄せるわけではない)
・ルーズボールの反応が早い

とこんな感じです。

前作と大きく違うのは、
むやみにボールに飛び込むわけではなくなったということ。
そして高く設定すれば、自陣側に戻りやすくなったということです


だから以前のようにCBを「低」にする必要はなくなりましたし、
「高」にするデメリットではっきりしてるのは、
カウンターがしにくく、スタミナを消費しやすいということだけです


そして覚えておきたいのが、
選手のこういう動きは全てに「ランダム性が働く」ということ。
同じ状況であっても、毎回同じように動くというわけではないということですね。
この辺は人間っぽくしたということでしょうか。

上記の考えですが、勿論作戦のゾーンプレスや他の設定、
ディフェンスやレスポンスなどの値などにも深く関係してるので、
完璧に的を得た考察ではないということも知っておいてください。

信用しない程度に参考にしてもらえればと思います。

■サッカー動画■
デビット・ベッカムのゴールコレクション!!…★★★★★

42ゴールあります!
右の【Download】をそれぞれクリックしてください。
(中にはパソコンに落とさなければ見られないのもあります)

懐かしいゴールがたくさんですね!!
相変わらず綺麗な弾道です!

(サッカー動画のご要望は→攻略掲示板の要望受付スレまで)


  1. 2005/11/16(水) 23:10:48|
  2. フォーメーション
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:23

ウイイレ9の最強のフォーメーション!

先日→こんな記事を書きました。

その時は「どんなフォーメーションでも使い方次第だ!」
「最強のフォメはない!」となりました。

が!!
そうでもないんですよね(え~!!

怒らないでください!!w
今説明しますから。

どういうことか?
それは「ウイイレというゲームの特性を考慮する」ということです。

わかりやすく言えば過去の3トップ!
昔のウイイレでは3トップは間違いなく最強のフォメでした
3トップの達人と1トップの達人がいれば、間違いなく前者が勝つ時代でした。
(詳しくは→この記事

このようにゲームバランス的に考えると、
フォーメーションってのはウイイレ歴史上、常に公平じゃないんです。

つまり、
毎作ゲームバランスは変わるのだから、
そのバランスに合わせたサッカーができるフォメが最強だということになります。

ウイイレ9のゲームバランスを考えるなら、
ミドルが得意な選手がミドルを打てるようなフォメ、
サイドからのスルーやセンタリングに対応したフォメがいいということですし、
3トップもまだ少しのアドバンテージがあるのではないでしょうか?

この辺は意見の分かれる所ですが、
自分なりに考慮したフォメや人選をするのは大事だと思います。

僕的にはゲームの特性を考慮しなくてもいいくらい
ウイイレが進化するのを願うばかりです

ロベカルをFWやDHで使うのも、使われるのもやっぱり嫌ですからねw

サッカー動画
今日は2人の英雄のボレーです!!

まずはポーランドの英雄!
ボニェクの強烈ボレー!!…★★★
そしてお次はポルトガルの英雄!
エウゼビオのスーパーハーフボレー!!…★★★

ボニェクもエウゼビオもウイイレの隠し選手にいますね!
どちらも、伝説の選手でしてなかなか見れない動画ですw

(サッカー動画のご要望は→攻略掲示板の要望受付スレまで)



  1. 2005/11/03(木) 23:27:05|
  2. フォーメーション
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:11

フォーメーションについての考え

掲示板には
よくフォーメーションの相談用スレってのがあります。
うちの掲示板だと→これです。

ここでの相談に答える際に僕が思ったことです。

僕の考えでは、
そのフォーメーション”だけ”を見て、何処をどういじればいいのか?
ってことははっきりとは言えない
ということです。

どんなフォメでも使い方次第ですから(言っちゃったw

僕が使えば機能するフォメも、
友達に使わせれば機能しないなんてことはよくあります。
その逆もしかり。

要は、そのフォメの特性を活かしたサッカーが、
その人の得意とするサッカーと合致してるかどうか!
ってことが重要なんです。

「溜め」を作るのが苦手なら1トップは合わないだろうし、
サイドからのクロスを上げないならベッカムもコラーもいりません。

ということなんで、
その人の攻撃パターンや守備のコンセプトを理解できないと、
アドバイスってのは意味を成しにくいんですよね。

だから、
どういうサッカーをしたいかが先にきて、それによってフォメを決める。
もしくはフォーメーションが決まってるなら、
後はそのフォメに合ったサッカーをするというのがアドバイスになると思うんです。

つまり、そのフォメでどのようなことを心掛ければいいかということですね!

同じフォメを、同じ人が使っても、
何かを少し意識するだけで、いきなり使いやすくなったりしますから

(昨日はうまくいったのに、何故か今日はうまくいかない時ってのはこれですね!
 するサッカーが微妙違ってることが多いです)


掲示板でのフォーメーション相談ですが、
ただ、「何か問題点があれば教えてください」
だと、解答者の超主観的サッカーを押し付けるようなアドバイスになりがちです。

まず、
・現段階での問題点(何に困ってるか?)
・現段階での得点パターン、失点パターン
・どういうサッカーをしたいか?

を明記することをお勧めします。

その方が答える側も答えやすいだろうし、
アドバイスの内容も全然「的を得たもの」、
つまり、その人に合ったアドバイスになると思います。

僕がこのブログでフォーメーションについて語らない1つの理由はこれです。
誰にでもバッチリ合うフォメってのは無いんですねw

サッカー動画
ロビーニョのペダラーダ8連発!!…★★★
「ペダラーダ」とは、ポルトガル語で球をまたぐフェイントのことで、
日本ではよく「シザース」って言われます。
ブラジルが誇るドリブルキングのペダラーダをご覧あれ!!

(サッカー動画のご要望は→攻略掲示板の要望受付スレまで)



  1. 2005/10/31(月) 23:35:16|
  2. フォーメーション
  3. | トラックバック:4
  4. | コメント:9
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。