Pekology Blog ~ウイニングイレブン攻略&サッカー動画~

ウイニングイレブンの”対人戦”を独自の視点で攻略します!☆★サッカー動画もいっぱい☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決定力と文化

クロアチア戦後のジーコのコメントです。
『我々の問題は確かにある。
 日本がチャンスを作れていなかったら心配するが、そこは心配ない。
 日本はチャンスを作れている。
 ゴール直前まで正しいことを全てやっているのに、最後までいけなかった。
 それが足りなかった部分。

 毎日私は日本のチームで取り組んできた。
 練習を共にしてきた。しかしこの本番になって、本当の結果が出せなかった。
 そうすると、やはり平常心でなくなることがある。悲しいことだ。
 いい選手が育っている。質の高い選手が育っている。やるべきことは分かっている。
 しかし、本番ではゴールができない。
 それならそれでやり続けるしかない。正しくなるまでやり続けるしかない。
 そして個人のためにも、チームの為にも、常に良くなろうと努力しなければいけない。
 しかし、サッカー界にストライカーは一握りしかいない。
 それだけストライカーが育つのは難しいということだ』

これを読んで何を思いますか?

オーストラリア戦は本当に「残念」という言葉がぴったりの試合でした。
クロアチア戦は喜べる筈もない勝ち点「1」でした。
両試合とも、攻撃時の「迫力」があまりにも欠けていました

試合の運び方、戦術、選手起用、言いたいことは沢山ありますが、
何で、そこで決めない!(決めれない)」
これ。
これに尽きます。

オーストラリア戦のチャンスではまともにシュートさえ打てない。
クロアチア戦もまともにゴールに蹴れたのはヒデくらいで、
他のシュートシーンは見ていて、「何で?」
他国のゴールハイライトを見て、また「何で?」!

ず~っと、ず~っと、長い間この「決定力不足」という言葉は、
日本チームにつきまとってますが、改めて考えさせられました。

ゴールにボールを蹴る。
これが日本人には基本的に”苦手な作業”なんだろうと思います。
うん。間違いない。
こういうのサッカーを見始めた時は、不思議でたまりませんでしたが、
今なら頷けます。

一言で片付けると「文化の違い」。
そう言えるんではないでしょうか。

この議題にまつわる沢山のコラムを見、試合を観戦し、
そして国民性、風習、歴史、etc…。
これらを知る事で、根拠の無い確信というか、
「これがゴール前で表れるんです」
と言われて、今はすごくしっくりきます。

日本では、チャンスの時「打て!!」と言います。
ブラジルでは「決めろ!!」と言うそうです。

僕は何でも論理的に考えすぎてしまうと自分で思います。
しかも少ない知識の中で(これが問題)
理由がはっきりしないと気持ちが悪いんですね。

こんな歴史とか文化なんて、曖昧(あいまい)な言葉で、
ゴール前を説明するなよ。なんて思ってましたもん。

僕もウイイレでの「1対1のシュート」は正直苦手です。
常に最後までパスという選択肢を探し続けてます。
ウイイレでは、それが功を奏する場合が多いですが…。
点が入らなくても理想的なパス回しをし、
決定機を沢山作れればそれだけで少し満足してしまいます

この辺が日本人ですねw

上記のジーコのコメント。
ホントにずっしりきました。

話が変わって、ブラジル戦。
やっぱり楽しみです。期待してます。
頑張れ日本!

サッカー動画
ディディエ・ドログバゴール集…★★★★★
フランスリーグ時代のゴール集です。
今回のドイツW杯でも魅せてくれてます!
あのゴール前でのキープ力!シュートまでの上手さ!
あの迫力は日本人には真似できません!!
スポンサーサイト


  1. 2006/06/20(火) 19:12:09|
  2. サッカー&フットサル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。