Pekology Blog ~ウイニングイレブン攻略&サッカー動画~

ウイニングイレブンの”対人戦”を独自の視点で攻略します!☆★サッカー動画もいっぱい☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

攻撃意識について(後編)

前編を理解してもらったところで、注意してほしいことですがあります!

それは、
攻撃意識を付ける事によってフォメのバランスを崩していないか?
ということです。

基本的にフォーメーションは選手を「等間隔」に設定してる人がほとんどです。
選手達の距離を等しくしてるのは、パスを繋がりやすくしたり、
スペースの問題であったりということですよね?

そういう風にせっかくポジションエディットでバランスをとったのに、
攻撃意識を付けて「移動範囲」をいじる事で、
バランスを崩してる人が多いように思うんです


1回、全員の攻撃意識を取り外して試合をしてみてください。
もしかしたら、見違えるほどバランスが良い攻撃ができるかもしれません。

特にOHなど、2列目の選手の攻撃意識を敵陣方向に付けるのは、
相手の最終ラインに吸収されやすく、付けない方が良い場合が多いと思います。

このように攻撃意識を付けることによるデメリットを考えるべきです
ボランチに敵陣方向に付けると、攻め上がりを期待できるでしょうが、
ディフェンスは不安定になるといった具合にです。

そして、まだまだ考えることがあります。
例えば、パラメーターの「攻撃性」!

SBは攻撃意識を敵陣方向に向ければ上がって来やすいですが、
この攻め上がりに関しては「攻撃性」が大きく関係してきます。
この数値が99の選手なら、攻撃意識を自陣方向に向けていてもなんのその!
ガンガン上がってきます!

SBだけじゃなく他のポジションでも理屈は同じです。

結論として…
”選手の動き”は、作戦、攻守レベル、ポジション、特殊能力、攻撃性などなど、
様々なことが関係してくるため、
攻撃意識は、それら全てを考慮して付けるべきです


ロベカルなら攻撃性が高いしとか、
ランパードは「飛び出し」持ってるしだとか、
攻守レベルを上げるから、とかいった風に、
フォーメーションが一緒でも、選手や戦い方が違えば
攻撃意識は変えるべきだろうし、
そういう風に考えることが出来て、初めて攻撃意識を使いこなせてると言えるでしょう。

サッカー動画
スーパースター5人のプレー特集!…★★★★
イブラヒモビッチ、C・ロナウド、ルーニー、
アドリアーノ、テベス!!!!!
という若者5人のプレー集です(おそらく全員24歳以下)
画質が悪いのがちと難点…。


スポンサーサイト


  1. 2005/11/26(土) 20:01:50|
  2. フォーメーション
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:11

コメント

やはりウイイレは奥が深いですよねー。
このパラメータが高いから、こう動く!!みたいな
単純な話ではないですからねー。
複数のパラメータが作用しあっての動きなんですよね。

まぁ、結局は色々試してみるしかないって感じでしょうかw?
  1. 2005/11/27(日) 01:48:24 |
  2. URL |
  3. みどりがめ #-
  4. [ 編集]

 攻略掲示板 オフェンスを論じるで11/8にゲンゾウさんが書かれたことを読んでから試しにそのとおりしてみたんですが自分にはそっちのほうが合ってましたね。
 それ以来、攻撃意識は全くつけてません。
 あと、チーム設定のバックラインABCの違いを実感したいときは、キックオフからディフェンシブハーフにボールを渡してしばらくほっとくとバックラインが上がってきますので、上がってくる速度でなんとなく実感できると思います。
  1. 2005/11/27(日) 09:46:07 |
  2. URL |
  3. ko #wLMIWoss
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/11/27(日) 10:13:27 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

 いつも楽しみに閲覧させていただいてます^^。
 ところで、攻撃意識について何ですが、最近やはりいじればいじるほど、パスが通りにくくなったり、いてほしいところに人がいなかったりで、煮詰まっていました。早速試してみたいと思います。
 あと、COMとでしかやっていないのですが、ディフェンスラインの裏をとられやすい、とゆうか…決して、私は、上手くはないのですがキーパーと相手が1vs1になりやすくどきどきすることも多く、サイドからの攻撃時には中にも人が少ないというのも、守備意識とかのせいなんでしょうか?
  1. 2005/11/27(日) 10:18:21 |
  2. URL |
  3. こば #-
  4. [ 編集]

みどりがめさん>

ですよね~。
毎日、自分のプレーも変わるわけだし、
結局は試しまくるのしかないのかも。
でもとりあえず、定義くらいは知っておかないと
なかなか、自分の設定ってのは決まりづらいです。

koさん>
攻撃意識ですが、
アクセントをつけるという感覚の方がいいのかもしれませんねぇ。

こばさん>

>あと、COMとでしかやっていないのですが、
>ディフェンスラインの裏をとられやすい、とゆうか…
>決して、私は、上手くはないのですが
>キーパーと相手が1vs1になりやすくどきどきすることも多く、
>サイドからの攻撃時には中にも人が少ないというのも、
>守備意識とかのせいなんでしょうか?

これだけの情報ではなんとも言えないですね。
守備意識はこの前の「ウイイレ9の守備意識」という記事を
ご覧になってもらえれば、何となく感覚はつかめると思います。
裏をとられやすかったり、ってのはやっぱり
設定より、守り方そのものに問題が多いのではないでしょうか?

守備意識を全員「高」に、ラインを「C」にしても
同じような状況なのならば、
プレスのかけ方、□ボタンの乱用、カバーリング、
この辺に問題があると思います。
  1. 2005/11/27(日) 18:18:50 |
  2. URL |
  3. peko #NjDYclhA
  4. [ 編集]

 なるほど、これだけ読ませてもらうとウイイレが如何に奥の深いゲームであるか、よくわかります。
 正直、ドリブルで抜いてこそカッコいいみたいな持論をもっているので、かなりドリブルに頼っています。そうゆう人には攻撃意識で中盤の選手を前線にもっていくのもアリかなぁと考えています。
 攻撃:守備=7:3とかになっている気もしますが、セカンドボールに反応できる選手がいた方が・・・といったところです。
 ドリブルとパスのバランスよく、状況に応じて最良の攻撃が出来るのが1番なのでしょうが、もしドリブル主体の攻めを考えている人にはおすすめです。
  1. 2005/11/27(日) 22:01:27 |
  2. URL |
  3. sho san #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2005/11/28(月) 02:17:39 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

いつも拝見してます^^v
Pekoさんお久しぶりです~。

攻撃意識に関しては、俺も初めは全員に設定していましたが、最近では設定していません。攻撃の選手よりも、どちらかというと守備の選手へ意識をつけるために活用してます。
センターバックとボランチに関しては、前にも書きましたが私は守備専門という考えが強いので、自陣へ戻るように設定しています。

大事な事は、どちらを重点的に考えるか?だと思います。
   攻撃に重点を置くか?守備に重点を置くか?

 私は守備に重点をおいています。割合で言えば8:2くらいで守備ですね。なぜかと言うと、守備が強くなり失点しなければ、負けないからです!
 本当は、攻守にバランスが取れれば一番いいんですよね・・・

攻撃は最大の防御!と言いますが、ウイイレでは、その考えは通用しませんね・・・多分ですが・・・

いつもながら、長々とコメントすみません・・・
  1. 2005/11/28(月) 08:34:27 |
  2. URL |
  3. sato #fYdA4Rtg
  4. [ 編集]

pekoさん、お久しぶりです、フルサットです^^
僕はフォーメーションを変えても、ポジションエディットは、しないんですよ。
「自分が分かりやすいように」と言うのが僕の基本姿勢なので^^
ただやっぱり、中央からもサイドからも攻めれるようにしないと難しいですよね^^;
  1. 2005/11/28(月) 14:07:54 |
  2. URL |
  3. フルサット #X5XodAgg
  4. [ 編集]

sho sanさん>

>ドリブルで抜いてこそカッコいいみたいな持論をもっているので

わかりますねぇ!
ドリブルってセンスというかそういうの必要ですから。

セカンドボールに反応、もしくはファーストディフェンダーになる為の攻撃意識ということですね!
なるほどぉ。

satoさん>
どうもwこんちは!

>攻撃は最大の防御!と言いますが、
>ウイイレでは、その考えは通用しませんね・・・多分ですが・・

う~ん。
どうなんでしょうね?
でも守りを固めても、必ず0点で抑えられるわけでもないですし、
運という要素がすこしづつウイイレでも増してきてる感じもします。

やっぱ、これは好みなのかなぁ。
点取られても、それ以上に取れればいいわけですから。
って当たり前のことですねw

ルフさん>

>ポジションエディットは、しないんですよ。

へ~!!!!
珍しいっすねぇ!
上手い人は少々のことは気にしないといった感じですね。
確かに変にいじるよりはデフォルトって結構使えるときあります。
  1. 2005/11/28(月) 17:40:37 |
  2. URL |
  3. peko #NjDYclhA
  4. [ 編集]

ども、お久ですw

私の場合は各ポジションをカバーする動きを割り振ってます。
4バックの場合だとSBを上がらせるので、
CBはサイドバックのポジションに向けるという感じで。

ボランチ(ダブル)は変則的に置いてるので、一概には言えませんが、
基本的に守備的な方を自陣ゴール側(CBがSBの位置に行った時のカバー)と、
その選手が居るサイドの逆サイドに向けてます。

結構これでディフェンスしやすくなった気がしましたよ。
あくまでCPU戦ですけどね(汗

逆に、前へ前へと向けてもあまり機能しない事が多かった感じもしました。
これも私個人の経験なんで、何とも(汗
  1. 2005/11/29(火) 01:52:16 |
  2. URL |
  3. 猪虎 #sMU8RmZA
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pinponfund.blog16.fc2.com/tb.php/100-bf415d11

攻撃ゾーンでのボールの獲得

 上の図は、フィールドを35m間隔で「守備ゾーン」「中盤」「攻撃ゾーン」の三つに分けた図です。チャールズ氏によると、得点の52.5パーセントは攻撃ゾーンで始まる動きから生まれてい
  1. 2006/01/05(木) 22:00:54 |
  2. Winning Eleven 9 戦術考察日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。