Pekology Blog ~ウイニングイレブン攻略&サッカー動画~

ウイニングイレブンの”対人戦”を独自の視点で攻略します!☆★サッカー動画もいっぱい☆★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決定力と文化

クロアチア戦後のジーコのコメントです。
『我々の問題は確かにある。
 日本がチャンスを作れていなかったら心配するが、そこは心配ない。
 日本はチャンスを作れている。
 ゴール直前まで正しいことを全てやっているのに、最後までいけなかった。
 それが足りなかった部分。

 毎日私は日本のチームで取り組んできた。
 練習を共にしてきた。しかしこの本番になって、本当の結果が出せなかった。
 そうすると、やはり平常心でなくなることがある。悲しいことだ。
 いい選手が育っている。質の高い選手が育っている。やるべきことは分かっている。
 しかし、本番ではゴールができない。
 それならそれでやり続けるしかない。正しくなるまでやり続けるしかない。
 そして個人のためにも、チームの為にも、常に良くなろうと努力しなければいけない。
 しかし、サッカー界にストライカーは一握りしかいない。
 それだけストライカーが育つのは難しいということだ』

これを読んで何を思いますか?

オーストラリア戦は本当に「残念」という言葉がぴったりの試合でした。
クロアチア戦は喜べる筈もない勝ち点「1」でした。
両試合とも、攻撃時の「迫力」があまりにも欠けていました

試合の運び方、戦術、選手起用、言いたいことは沢山ありますが、
何で、そこで決めない!(決めれない)」
これ。
これに尽きます。

オーストラリア戦のチャンスではまともにシュートさえ打てない。
クロアチア戦もまともにゴールに蹴れたのはヒデくらいで、
他のシュートシーンは見ていて、「何で?」
他国のゴールハイライトを見て、また「何で?」!

ず~っと、ず~っと、長い間この「決定力不足」という言葉は、
日本チームにつきまとってますが、改めて考えさせられました。

ゴールにボールを蹴る。
これが日本人には基本的に”苦手な作業”なんだろうと思います。
うん。間違いない。
こういうのサッカーを見始めた時は、不思議でたまりませんでしたが、
今なら頷けます。

一言で片付けると「文化の違い」。
そう言えるんではないでしょうか。

この議題にまつわる沢山のコラムを見、試合を観戦し、
そして国民性、風習、歴史、etc…。
これらを知る事で、根拠の無い確信というか、
「これがゴール前で表れるんです」
と言われて、今はすごくしっくりきます。

日本では、チャンスの時「打て!!」と言います。
ブラジルでは「決めろ!!」と言うそうです。

僕は何でも論理的に考えすぎてしまうと自分で思います。
しかも少ない知識の中で(これが問題)
理由がはっきりしないと気持ちが悪いんですね。

こんな歴史とか文化なんて、曖昧(あいまい)な言葉で、
ゴール前を説明するなよ。なんて思ってましたもん。

僕もウイイレでの「1対1のシュート」は正直苦手です。
常に最後までパスという選択肢を探し続けてます。
ウイイレでは、それが功を奏する場合が多いですが…。
点が入らなくても理想的なパス回しをし、
決定機を沢山作れればそれだけで少し満足してしまいます

この辺が日本人ですねw

上記のジーコのコメント。
ホントにずっしりきました。

話が変わって、ブラジル戦。
やっぱり楽しみです。期待してます。
頑張れ日本!

サッカー動画
ディディエ・ドログバゴール集…★★★★★
フランスリーグ時代のゴール集です。
今回のドイツW杯でも魅せてくれてます!
あのゴール前でのキープ力!シュートまでの上手さ!
あの迫力は日本人には真似できません!!
スポンサーサイト


  1. 2006/06/20(火) 19:12:09|
  2. サッカー&フットサル
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:26

コメント

お久しぶりです!

足りない物は決定力!
分かってるはずですよね!
日本に足りない物も!迫力ですね!
相手側からみて怖いって瞬間がない…

唯一中田のミドルが少し迫力あったかな~
ブラジル戦!がんばれ!!


  1. 2006/06/20(火) 23:06:40 |
  2. URL |
  3. M777 #W/OO/lhM
  4. [ 編集]

ライブドアのブログhttp://blog.livedoor.jp/yukichan2006/なんですがシステム障害とかいろいろ利不便を感じてFC2に移行することにしました。

ブログ名:Yuki's blog@動画置き場
URL:http://yuki06wc.blog70.fc2.com/
に変更お願いします。

これからもよろしくお願いします
  1. 2006/06/20(火) 23:56:18 |
  2. URL |
  3. Yuki #YqzQT8Bs
  4. [ 編集]

こんにちは

初めまして。いつも拝見させて頂いてます(^0^)

日本が世界で輝けない理由は何だろうって、
ワールドユースで準優勝したあの頃の同年代の他国の選手は
押しも押されぬスーパースターに成長してるのに。
あの頃は、日本にも才能溢れる選手がいっぱい出てきて
それが小野だったり高原だったり、
ついに世界と戦えるそんな時代が来るのかなって
何年後かにはきっと強い日本になってるんだ!って。
なのに黄金世代と呼ばれたあのメンバーでさえも
まともにシュートさえ打てない・・・っていうのは悲し過ぎますね。

どうして日本の選手は”伸びない”のでしょうか。_| ̄|○

ヤフーのW杯コラムに興味深いものを見ました。

その国のサッカーを体現していくものの形だ。
イングランドにはベッカムやルーニーが、ブラジルにはロナウジーニョやカカが、
アルゼンチンにはクレスポやリケルメやメッシが、
ポルトガルにはフィーゴやクリスチアーナ・ロナウドがいる。
勝つために必要なプレーを究極の状況で披露する選手がいる。
「今回の日本にはその選手が見当たらない」と呟いた。


なんか、課せられた課題はとてつもなく大きいような・・・
お隣の韓国があれだけ伸びてるだけに、
余計に日本のふがいなさが悔しいです。
  1. 2006/06/21(水) 09:56:50 |
  2. URL |
  3. yuzu-ekusoy #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです!記事読みました!
「打て」と「決めろ」の違いは一体いつ埋まるんでしょうかね。
日本のゴール前は、迫力がないのは確かです。。

負けてしまったアフリカ勢だって、無理な体勢からでも枠に向かったシュートが飛んでくるって印象を受けました。「無理やり打て」と言いたい訳ではないんですが、ゴールの予感・・・ゴールするぞって言う積極性みたいのがヒシヒシ伝わると言うか、正に真剣の切り合いみたいなかんじですよね。

日本は「侍」を語っておきながら、それこそ竹刀の戦いというか、しかも、相手が剣を落としたとしてもトドメを刺さずに、のど元に当てている…みたいな。

なんのこっちゃって話になってきましたけど(笑)

相手を完璧に崩してからのシュートしか打てない日本が、日本レベルじゃ崩せない相手を目の前にして立ち往生する姿を4年後には見たくないですね。
  1. 2006/06/21(水) 13:18:36 |
  2. URL |
  3. you #RnDge2gE
  4. [ 編集]

久しぶりの記事ですねー♪

クロアチア戦は、勝てた試合というよりも負けれた試合という印象が強かったですね。

文化の違いというのは、「確かに!!」といった感じです。
日本では結果を出していても、エゴイストは好まれません。
和を以て貴しと為、精神といいましょうか…

エゴイスティックなFWが日本に現れてくれることを期待します。。
  1. 2006/06/21(水) 15:24:31 |
  2. URL |
  3. みどりがめ #wLMIWoss
  4. [ 編集]

 FWの価値は最後の一瞬で決められるかどうかの違いだと思います。
 そのためにはみどりがめさんも仰っているとおり『エゴイスティック』でなければならないと思います。
 イタリアのピッポなんて守備はしない、走りもしないけど貪欲に、そしてどんな形であれボールをラインの向こうに持っていこうとして、そのためにあらゆる事をする。
 あのような姿勢を持つFWが生まれて欲しいと心の底から思います。
 願わくば4年後にそういうFWが日本代表いることを祈って!
  1. 2006/06/21(水) 21:43:32 |
  2. URL |
  3. ko #wLMIWoss
  4. [ 編集]

サムライブルー

日本が迫力のある攻撃をするなら
やっぱりカウンターが一番いいと思います。

ブラジル戦ではカウンターから点をとってくれることを願います。
  1. 2006/06/21(水) 22:01:29 |
  2. URL |
  3. gyao #-
  4. [ 編集]

M777さん>
>相手側からみて怖いって瞬間がない…
そうなんですよね。
相手側からしてみれば、
何とかなるだろうって感じだと思います。

Yukiさん>
お久しぶり!
了解です!!

yuzu-ekusoyさん>
はじめまして!どうもです!!

>その国のサッカーを体現していくものの形だ~
うーん。日本が強豪国と呼ばれる道のりは遠いですよね。
中田のメンタリティってのは日本人っぽくないです。
あのような選手ってのは、突然変異でしかないと思うんで、
日本人らしさを生かしたサッカーを追及していくしかないのでしょうか。
アジアでは日本が強いですが、
世界では韓国の方が…。
悔しいですよね。

youさん>
こんちは!久しぶりです!!

>ゴールするぞって言う積極性みたいのがヒシヒシ伝わると言うか
うんうん!!

>相手が剣を落としたとしてもトドメを刺さずに、
>のど元に当てている…みたいな
ははは。なるほど。
日本人のツメの甘さですね。

>相手を完璧に崩してからのシュートしか打てない日本が
昨日イングランド対スウェーデン見ました。
すごく面白かったです。
ホント両チームとも打てるときに打ってる。
ゴールに向かってる!
トラップにシュートの意識がある。
見ていて気持ち良かったです。

みどりがめさんとkoさん>
やはりFWはエゴイスティックでなければいけないんでしょうか。
いくらチャンスに絡んでも、決めなきゃ駄目だと考えるFWは
日本にはいない気がします。
傲慢なタイプが少ないんですよね。
確実な方を選ぶ。だからパスを探す。
日本人らしい答えですが、世界では通用しない考え?
柳沢は89分間貢献するのがFWだと言ってますし、
点をとるだけがFWの仕事ではないとも。
僕的に考え方は好きなんです。
でも、ピッポやロナウドみたいに点さえとれれば、
っていうFWも絶対必要。
そういう2トップがいいかもです。

gyaoさん>
あのドイツ戦のような見事なカウンターが決まれば
言うことないですよね!!
ブラジルは間違いなく攻めてくるだろうし。
期待しましょう!!
  1. 2006/06/22(木) 12:40:21 |
  2. URL |
  3. peko #NjDYclhA
  4. [ 編集]

こんにちは~。お久しぶりの記事読ませていただきました!ジーコのコメント・・・私にもずっしりきましたね。日本、シュートを打ちにいく姿勢が足りなすぎですよね。ってかシュートを打たないとゴールに入りませんよね。ブラジル戦では同変わっているか期待したいです!あと私も丁度1ヶ月前にブログを変えました!http://reds03164.blog43.fc2.com/
タイトル名:白熱のウイイレ戦記!

ではこれからも頑張ってください!
  1. 2006/06/22(木) 15:55:31 |
  2. URL |
  3. reds03164 #QPJmzeK2
  4. [ 編集]

クロアチア戦、オーストラリア戦を見てやっぱり世界で通用するのは中田だけだと思いました。なんとしても勝ちたいって気持ちを持っているのも中田だけのように感じました。彼の運動量はほんとにはんぱないです。みんながあれくらいの気持ちを持てばブラジル戦では奇跡が起こるかもしれませんね!
  1. 2006/06/22(木) 19:13:55 |
  2. URL |
  3. リヨン #-
  4. [ 編集]

む、むずかすぃ。orz
  1. 2006/06/22(木) 21:05:21 |
  2. URL |
  3. へいぽぅ #JalddpaA
  4. [ 編集]

>柳沢は89分間貢献するのがFWだと言ってますし、
>点をとるだけがFWの仕事ではないとも。
>僕的に考え方は好きなんです。
 そういう考えもあって良いと思いますが、常に確実性を求めるFWとまずはボールをラインの向こうに持っていくためにあらゆる事をしてくるFWとでは前者のほうが相手にとっては怖くないFWなのではないでしょうか?
 決めるべき時に決められる、決めるためにはあらゆる手段を使うFWであればこそ、パスにしてもドリブルにしても生きてくると思います。
 ただ、理想はアンリやシェフチェンコみたいな万能型の選手だと思いますがw
  1. 2006/06/23(金) 00:12:07 |
  2. URL |
  3. ko #wLMIWoss
  4. [ 編集]

僕もほとんどpekoさんと同じ意見です^^♪
「何で打たないの?」
これなんですよね、本当に><;
僕も気付けば、TVの前では、「決めろ!」と言ってます^^;
シュートを何回も打つ事によって、枠に飛ぶようになって、もう少し打ったら、やっと良いコースに飛ぶようになるんですよね。
どの国の試合を見ても、そう感じます。
シュートを打たないと、相手のDFのラインを上げる事も出来ないですしね^^;
とにかくチャレンジが足りないと思うんですよね、まだ日本って。
それとゴール前で、落ち着くことが出来ないですよね^^;
焦ってミスキックを連発してるようにしか見えないんです。
大黒のようなFWがもっと出て来て欲しいですよね、日本は^^☆
  1. 2006/06/23(金) 00:27:52 |
  2. URL |
  3. フルサット #X5XodAgg
  4. [ 編集]

reds03164さん>
どうも!対応遅くなりました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

リヨンさん>
中田。
泣いてましたね。
あれには正直びっくりしました。
彼があそこで泣くとは。
日本の負けと、中田の涙と。
今日ずっと色々考えました。

へいぽぅさん>
そりゃぁ難しいっす。よ。

koさん>
>常に確実性を求めるFWと、
>まずはボールをラインの向こうに持っていくためにあらゆる事をしてくるFWとでは、
>前者のほうが相手にとっては怖くないFWなのではないでしょうか?

うん。確かに。
今日のロナウドとかまさにそうでした。
あのミドルは悔しいくらい鮮やかでした。
トラップやその前の展開を見ていたら、
ホントに頭ん中で、ゴールから逆算してる感じです。
うまいなぁ…

僕もアンリとシェフチェンコが理想だと思います。
特にアンリ。
あの手のFWって彼しか知りません。

ルフさん>
ども。
シュート。
これが上手いFWが出てきてほしいです。
トラップにシュートの意識が欲しい。
ゴールを狙う為のパス回し。
ペース配分。
こんなに悔しいのは久しぶりですよ。
確かにもうちょっと大黒を見たかったですね。
  1. 2006/06/23(金) 20:36:04 |
  2. URL |
  3. peko #NjDYclhA
  4. [ 編集]

ストライカー

 中盤で膠着して苦しいときに最後にボールを預けても
一人で局面を打開して崩してくれる。
それが本当のFWですよね。

完全にフリーな状態を作ってあげないと
仕事できないFW、シュートコースが空いていても
まずパスの相手を探してしまうFW

自分でしかけて崩し思いっきり相手をひきつけて、
もてあそぶようなラストパス
俺が決めてもいいけどさ、君にゴールをプレゼント!
って感じですね、世界レベルのストライカーのラストパスは。

もらうほうも俺にラストパスを
くれくれ光線を出しまくってますよね。

もっとも今度の大会は頼みの中盤で崩しているって
感じもほとんどなかったです、、
中村の不調も大きかったし、意思疎通不足って感じ。
自由な発想に任せたら、それが貧困だったって
のは言い過ぎかもですけど。

前を向いてパスをもらえる動きも少なかったと思います

いや、ほんとどこの国もうまいなって思います。
ちゃんと緩急があって、ここぞの動きも
パスも美しい。ミドルだけじゃないですね。
日本も何かもっと見せたかったですね
せめて。

ホントね、攻撃的であってほしいですね。まずは。 
  1. 2006/06/24(土) 10:59:34 |
  2. URL |
  3. wiwi #L1ch7n1I
  4. [ 編集]

pekoさん、お久し振りです。コラム読ませて頂きました。考えさせられる内容でした。
日本は結局まるでいい所なくGL敗退してしまいました。敗因も多く上げられ、ジーコ采配は「不可解」の言葉のみが残る内容でしたし、運動量不足(昼の試合が多かったので仕方ないとは思いますが・・・)、中盤の構成力もイマイチ(日本の生命線だけにがっかりでした)、さらにDFラインが完全に崩壊していました・・・。しかし最大の問題はやはり「FWの決定力」、これに尽きると思います。
今回の出場32か国中31国には(能力は目をつぶるにしても)必ずエースストライカーが存在しました(全敗のトーゴにはアデバヨール、下馬評では最弱とされていたトリニダード・トバゴにもスターン・ジョンと言うストライカーがいました)。しかしたった1国・・・そう日本には「真のエースストライカー」がいないように感じて仕方ありませんでした。高原が9番を背負い期待を寄せられていました。また故障開けの柳沢も先発で出ていました。しかし彼らからは得点の匂い、危険な感じの漂うと言った感じのものがまるで感じられないように感じました。さらに言うと「存在感」そのものすら感じられませんでした。よく柳沢に対して「ゴールを決める事だけが仕事ではない」と言った擁護の発言がなされます。確かにそうかも知れませんしサッカー選手としては一流でしょう。しかしそんな事を言って擁護されている時点でストライカーとしては三流にも満たないように感じます。結局彼らはFWとしての仕事を全うできはしませんでした。シュートは相手GKへのパスにも見紛うようなキックばかり。彼らの得意のプレーすらできていなかったようでした。何よりボールが来た時になぜかテンパっていたようにすら感じました。どうやら心の準備すら整っていなかったようですね。
ストライカーはある程度はエゴイストでなければならないとよく言われます。確かに僕もそれには強く共感します。しかし日本の国民性、究極の譲り合い、謙虚さの精神がエゴイストを否定するのでしょうか。しかしそれは言い訳にはならないと思います。サッカーは極論「戦争」です。W杯などはまさに国の威信をかけたぶつかりあいです。そんな所では譲り合いや謙虚さは場違いではないでしょうか。特に肉体的に世界とは渡り合えない日本の場合、そのハンディを感じさせないほどの「メンタリティ」が必要だったのでは?と思いました。
ちょっと日本の不甲斐ない戦いに愚痴をこぼしてしまいました。そのために見苦しい長文になってしまった事をお詫びします。しかし今回の戦いで改めて日本の課題そして方向性が見えたような気がしました。次はオシム氏が監督になるようです(川渕キャプテンが口を滑らせていましたね(笑))。その時にこそ日本は(特に精神的にタフになって)戦える集団になっている事を期待したいと思います。
ではドイツ戦を見るので失礼します(笑)
  1. 2006/06/25(日) 00:29:55 |
  2. URL |
  3. GTO? #t8RLJlCU
  4. [ 編集]

pekoさんお久しぶりです!!

今回は少し難しい記事ですね(笑)

僕は日本のFWというか前線はゴールに対する執着心というか執念がないのではないかと考えています。

僕もpekoさんと同じくウイイレではGKと1VS1になってもシュートを打つのは入るって確信してからです。後はシュートフェイントでかわすという姑息な手段(?笑)とパスに頼ってます^^;

思うに日本の選手もそうではないでしょうか。小笠原は純粋なパサー。よほどのことがないとミドルは期待できません。俊輔も同じくですが、なぜセルティックで出来るプレイがW杯で出来ないのかかなり疑問です。大舞台で萎縮したのでしょうか。もし、そうだとしたらその程度の選手だと思わざるを得ません。

中田は、プレミアで揉まれましたからね・・・。世界レベルとはいえなくても一定の水準以上のプレイは持ってますよね・・・。

FW陣も高原が強引な突破をドイツとの調整マッチで見せましたが、ああいうプレイが見れるのはほんの一時期で、W杯では皆無といっても良かったと思います。

日本より格下のチュニジアでさえ鮮やかなボレーシュートを決めています。あのようなシュートテクニックが、貪欲さが、執念が日本の前線にあるでしょうか?

これが僕の考える、決定力不足の原因です。

それから、さっきとかぶりますが、日本は脇役に脇役になろうとする選手が多いような気がします。俊輔、小野、小笠原、柳沢・・・。脇役としてはそろっているチームなのですから、強烈なエゴやリーダーシップでゴールを狙える強引な(ドログバのような)FWがくれば少しは状況が変わると思います^-^

では~
  1. 2006/06/27(火) 20:18:55 |
  2. URL |
  3. C.ロナウド #-
  4. [ 編集]

wiwiさん>
ども。
>一人で局面を打開して崩してくれる。
>それが本当のFWですよね。

うん!

>もらうほうも俺にラストパスを
>くれくれ光線を出しまくってますよね

これができてるのって佐藤と大久保のみって感じがします。

今大会はホントに日本がいかに弱いかがわかりましたよね。
おっしゃる通り、何か見せて欲しかったです。
日本戦のハイライトは、川口のPKセーブ。
寂しいですもん。


GTO? さん&C.ロナウドさん>
ども!
こちらこそお久しぶりです!

>必ずエースストライカーが存在しました
ですよね~、
とりあえずこいつに預けておけば何かしてくれるってのが、
日本にはいません。

>脇役に脇役になろうとする選手が多いような
結果的にそうですよね~

GTO?さんの愚痴?
C.ロナウドさんのコメントを読んで言葉もないです。
日本人のポテンシャル自体はもっと高いはず。
これは皆が思ってるはず。
技術はあるんですから。
で、GTO?さんが言うメンタリティが身に付くまで
あとどれくらいかかるんでしょう。
というか、日本人ではそういう選手は現れないんでしょうか。
今回のブラジル戦でとりあえず、
現段階であの戦い方では、あまりにも差があることがはっきりしました。
日本のサッカー。
日本のアイデンティティーを生かしたサッカーをしていくしかないんと思います。
オシムに期待!!
では!

  1. 2006/06/29(木) 20:24:40 |
  2. URL |
  3. peko #NjDYclhA
  4. [ 編集]

>pekoさん
返信ありがとうございます。

日本にストライカーが居れば・・・。この一言に尽きます。ディディエ・ドログバやエルナン・クレスポのようなパワーがありポストプレイができ、そして得点も決められるというようなFWが居れば文句なしですが、それを日本人の求めるのは酷なので(笑)

せめて、ハビエル・サビオラやテベス、ダンダンのようなスピードを武器にしたFWが欲しいですね・・・。これなら日本人でもできるはずです!!

アルゼンチンのリベール・プレートに現在17~8くらいの年で158CMくらいの選手が活躍していると聞いています。
日本人が背が低くても通用すると証明できる日が来ることを心から祈っています^-^
  1. 2006/06/29(木) 21:26:37 |
  2. URL |
  3. C.ロナウド #-
  4. [ 編集]

返信ありがとうございます。愚痴を聞いてくれて(?)、しかもそれにコメントまで付けて頂いてありがとうございます。
メンタリティに関してですが、あえて自分が嫌われ役になる事でチームの結束を生もうとし、またメンタリティを植えつけようとしていた中田英は別格ではなかったでしょうか?自らが疲弊しきっても精力的に動きチームを鼓舞し続けた孤高の選手にして、実質のキャプテン(宮本はどちらかと言うとお飾りの感が強かったような・・・)と言っても過言ではないように感じます。しかし他の選手たちは英の心の叫びをまるでお小言のようにあしらっていました。そしていざ本番になると少しも走らぬうちに簡単に根を上げていました。
今大会では「日本は史上最強」と噂され上位進出も期待されていただけに結果は期待外れに終わり、抱える問題も数多く露呈しました。特に未来的に見てもアジア枠削減確実の中、世代交代の遅れが顕著である事はどう考えても厳しいと言わざるを得ません。またエースストライカーの不在(平山にしてもお世辞にも一流とは言えない)、(特に守備陣の)経験値不足も今後を占う上で非常に厳しい材料でしょう。しかしこれら多くの問題を辣腕のオシム監督が何とかしてくれるでしょう(決して楽観視しているのではありません)。
>C.ロナウドさん
その選手は日系のロドリゴ・タバタの事ですか?最近たまに耳に挟むようになった程度なのでよく分かりませんが・・・
  1. 2006/07/01(土) 18:04:35 |
  2. URL |
  3. GTO? #t8RLJlCU
  4. [ 編集]

こんばんは
>GTO?さん
えっと、すいませんロドリゴ・タバタ選手に関しては知りませんが、、、その選手はえぇと

ディエゴ・ブオナノッテ
所属クラブ:リーベル・プレート(ARGリーグ)
ポジ:MF
生年月日:1988年4/19
サンタフェ州テオドリーナ出身
身長・体重:1m57cm、53kg

WSD7/6号を抜粋しますと
「身長1m57cm。MF。見た目も少年そのもので、ニックネームはずばり小人(エナーノ)。14歳の時は体重39kgしかなく、リーベルの専門家の指導のもと、両親による食事療法が行われたというのは有名な話です。
(中略)ブオナノッテは注目度で言えばサビオラ級、器用さならアイマール級といわれている逸材。(中略)マラドーナからも高い評価を受けました。今年の4/9にトップデビューしたばかりですが、今後の成長がとっても楽しみです。」

とのことです。

まだ、プレイを見たことはありませんが、アルゼンチンの名門リーベル・プレートでトップデビューをしたということは身長のハンデがあるにもかかわらずそれをテクニックやスピードで補っているということでしょうね。日本人プレイヤーにも参考になるのではないかと思っています

では
  1. 2006/07/01(土) 21:56:59 |
  2. URL |
  3. C.ロナウド #-
  4. [ 編集]

みなさん、大丈夫ですよ。
みなさんのイメージに合うFWがいますよ!!
ヴィエリのような突破力に、インザーギのようなしたたかさ。
常にゴールのことしか考えていないFW。
それは・・・・・・









すいません、僕ですww
  1. 2006/07/02(日) 17:56:31 |
  2. URL |
  3. フィー・ゴスタ #-
  4. [ 編集]

>C.ロナウドさん
そんな選手がいたのですか・・・157cmの選手は日本にもいませんが、フィジカルを補って余りあるほど器用なのでしょうね。サヴィオラやアイマールが引き合いに出される位ですからポテンシャルもすごいでしょうね。日本にもそのような選手がいればいいのですが・・・
ロドリゴ・タバタの事ですが・・・ブラジルの名門・サントスで10番を背負う日系3世です(顔は日本人そのもの!しかしどうやらポジションはMFのようです)。ブラジル代表を目指すものの年齢(25歳)と性格(周りと馴染めず粗暴な行為が目立つまさに「悪童」のようです)が災いしてか可能性が低く、本人も日本代表入りを考えているようです。
  1. 2006/07/02(日) 18:26:59 |
  2. URL |
  3. GTO? #t8RLJlCU
  4. [ 編集]

C.ロナウドさんとGTO?さん>
お!知らぬ間に2人で盛り上がってますね~
ブオナノッテですか。
初耳です。
今、さらっと動画を探して見ましたが、見つからず。
まぁそのうち有名になって、
探さなくても目にする事になるかもしれませんね。

ロドリゴ・タバタは↓
http://www.youtube.com/watch?v=cEpCGBM_pQ8&search=Rodrigo%20Tabata

ほとんどインタビューですが。

フィー・ゴスタさん!!>
おっと!!
まじっすか!
期待してますよ~w
今中学生でしたっけ?
あれ?高校生?
将来、自慢させてください!!!
そして、独占インタビューとかさせてくださいw
  1. 2006/07/02(日) 21:09:16 |
  2. URL |
  3. peko #NjDYclhA
  4. [ 編集]

こんにちは
>GTO?さん
ttp://www.sponichi.co.jp/wsplus/column_w/04677.html
一応↑のページを見たんですが、すごいですね!!ブラジル名門のサントスでしかも10番ですか~。サントスはロビーニョの後釜として取ったんですかね・・・。でも、日系人とはいえブラジルでスタメンを張れるのはちょっとヤバイですね(笑)。

日系人ということは、ブラジルと日本の二重国籍なんでしょうか?それなら、8月の親善試合から僕が監督だったら呼んでみたいですね!!w
性格はオシムなら直してくれるでしょう^^;

それから、ブオナノッテですが、157CMでもし4年後か8年後のワールドカップに出れたらそれは日本人も注目するでしょうね。日本人は若手育成というか国家プロジェクトとして若手育成をすればもっともっとレベルアップすると思うんですけど・・・。

>pekoさん
有名になることを期待したいですね!!
しかし、どんなプレイをするんでしょうか・・・。気になりますね・・・。
まぁまだまだ日本での知名度は皆無に近いですから、そのうちU-21選手権とかにでれると知名度が上がってくるんでしょうね。楽しみです^-^

では
  1. 2006/07/03(月) 17:52:32 |
  2. URL |
  3. C.ロナウド #-
  4. [ 編集]

>pekoさん
ロドリゴ・タバタについて調べましたか?確かにすごい選手ですよね、ロビーニョの後釜(厳密にはポジションが違いますが、プレースタイルやタイプは似ていると思います)としてサントスに入り10番を背負うなんて・・・
しかし性格の方ですが、こちらは相当まずいようです。どうやら気に入らないジャッジを取った審判を殴った事もあるみたいです(驚)これではオシムでも矯正は難しいかも?
ちなみに本人はあくまでセレソンを目標に頑張っているようなので日本国籍取得(日系と言っても日本国籍を持っている者と持っていない者がいるみたいです。ロドリゴ・タバタは後者です)は最後のカードのようです。しかしこの抜群の才能を日本代表で余す所なく発揮してくれると最高でしょうね!
  1. 2006/07/04(火) 22:09:18 |
  2. URL |
  3. GTO? #t8RLJlCU
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pinponfund.blog16.fc2.com/tb.php/181-f3f8b7f7

【動画】Trade トレード

今回配信するフリースタイル動画は、Tradeです。 このトリックは、「かかとでボールを蹴り、軸足ですくい上げる」というリフトアップ技です。 それではどうぞ! Trade.wmv Tradeで上げて、インアラもやってみました。 結構簡単ですから、是非チャレンジしてみてくださいね
  1. 2006/07/02(日) 13:56:21 |
  2. EMBAIXADA サッカー・フリースタイル・リフティングテクニック動画館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。